menu

トップページ写真国泰寺の大クスノキ

写真

識別コード SA007-1
写真タイトル 国泰寺の大クスノキ
撮影者(カナ) 尾木 正己(オキ マサミ)
撮影者(英語) Masami Oki
提供者(カナ) 広島原爆被災撮影者の会(ヒロシマゲンバクヒサイサツエイシャノカイ)
提供者(英語) Association of the Photographers of the Atomic (Bomb) Destruction of Hiroshima
撮影日時 1945年8月20日
撮影場所 尾道町
ブロック別 国泰寺・千田地区
爆心地からの距離(m) 370
説明 尾道町北隅から東に向って。小町北端にあった国泰寺の宇品線電車道(西)側道路に面してあった大クスノキ、宇品線電車軌道敷設の際にも、軌道を少し迂回させ歩道を嵩上げし、市民に親しまれた大クスノキを守ったが、原爆のエネルギーには勝てず爆風で倒れ、その後の火災で発火し、焼失枯死した。その後この老クスノキは根から堀りかえされ銘木として、市内の家具店に保管されていたが、篆刻作家の安達春江によって、刻字作品としてよみがえった。

戻る

Page Top