menu

トップページ原爆の絵地図 "基町・白島地区"

原爆の絵

地図 "基町・白島地区" で 432 件検索されました。

一覧表の項目欄をクリックすると、並び替えが可能です。背景が異なっている項目が現在並び替えの基準となっています。

前へ

次へ

検索結果の表示件数

No 画像 コード 絵の内容 作者名 情景年月日 情景場所
141 GE42-16 橋下を流れる兵隊の死体 土橋 春人(ドバシ ハルト) 1945/8/12 常盤橋
142 WH14-125 京橋川 岡崎 秀彦(オカザキ ヒデヒコ) 昭和10年頃 常盤橋
143 GE10-09 火災の中橋を渡って逃げる人々 山本 節子(ヤマモト セツコ) 1945/8/6 常葉橋
144 GE19-08 川の中に浮いた死体 菅原 盛雄(スガワラ モリオ) 1945/8/9 常葉橋
145 GE21-29-2 男女、老若の区別のつかない死体が浮かんでいる 有吉 コサダ(アリヨシ コサダ) 1945/8/8~8/9 常葉橋
146 GE36-08 脱線した貨車、常葉橋を渡る人々、川原のたくさんの負傷者たち 石井 チフ子(イシイ チフコ) 1945/8/6 常葉橋
147 GE36-48 身体全体がむくみ腸が風船のように飛び出した男性の死体 西久保 義人(ニシクボ ヨシト) 1945/8/10 常葉橋
148 GE43-14 川の中洲に折り重なった死体の山 牛尾 富子(ウシオ トミコ) 1945/8/8 常葉橋
149 NG330 背中が焼けて川に浮いていたアユ。それを手づかみで取って配給のにぎり飯のおかずにして食べた。 内田 照彦(ウチダ テルヒコ) 1945/8/8 常葉橋
150 NG370-04 川には黒こげの死体が累々と流れている。川州にたたずむ女性はやけどで胸の皮膚がたれ下がっていた。 山田 一郎(ヤマダ イチロウ) 1945/8/6 常葉橋
151 GE37-11 衣服は黒く焦げ皮膚がむけて血がにじんだ人々の行列が続く 佐伯 綾子(サエキ アヤコ) 1945/8/6 常葉橋から神田橋に至る堤筋
152 NG315-04 川を流れる人や軍馬の死体。 堀 幸隆(ホリ ユキタカ) 1945/8/6 常葉橋から縮景園裏の川筋
153 GE07-30 常葉橋のたもとの死体の山が臭気を放っている、涙を流しながら肉親の安否をたずねる 平田 徳與(ヒラタ トクヨ) 1945/8/9 常葉橋のたもと
154 GE05-47 川原に群がり泣き叫ぶ人々、砂地に放り出されて水につかり泣く赤ん坊 佐伯 綾子(サエキ アヤコ) 1945/8/6 常葉橋上流
155 GE27-25 常葉橋下の川の中の人々 相原 キクノ(アイハラ  キクノ) 1945/8/11 常葉橋下
156 NG341 もがき苦しみ川原に座りこむ人々。対岸は大火災で、多くの人が火から逃れようと川に入り流されていた。 小出 修(コイデ オサム) 1945/8/6 常葉橋下の川岸
157 GE06-25 脱線した汽車と川に浮かぶ死体、川原や饒津公園に避難した多数の人々 松岡 泰三(マツオカ タイゾウ) 1945/8/10 常葉橋付近
158 GE10-08 川の中を避難する負傷者の列 大松 光子(オオマツ ミツコ) 1945/8/6 常葉橋付近
159 GE14-05 川の中で助けを求める人 水を求めてたどりついた人 原田 知恵(ハラダ チエ) 1945/8/6 常葉橋付近
160 GE22-30 倒れた貨物列車、川を流れる死体 東 安夫(ヒガシ ヤスオ) 1945/8/7 常葉橋付近

前へ

次へ

Page Top