menu

トップページ原爆の絵種別 "新市民が描いた原爆の絵(その他)"

原爆の絵

種別 "新市民が描いた原爆の絵(その他)" で 800 件検索されました。

一覧表の項目欄をクリックすると、並び替えが可能です。背景が異なっている項目が現在並び替えの基準となっています。

次へ

検索結果の表示件数

No 画像 コード 絵の内容 作者名 情景年月日 情景場所
1 SG-0495 昭和10年代頃の鷹野橋付近 平山 輝男(ヒラヤマ テルオ) 1935年頃 鷹野橋付近
2 SG-0339 被爆から5日後、男性の遺体にウジ虫がわいている 藤岡 久之(フジオカ ヒサユキ) 1945/8/10頃 鷹野橋交差点付近
3 SG-0425 鷹野橋、臨時救護所。「大竹応援隊」「廿日市応援隊」などの腕章もみられる。おむすびなどを手渡していたが、ほとんどの負傷者は喉を通らない様子だった 五島 弘行(ゴトウ ヒロユキ) 1945/8/7 鷹野橋
4 SG-0424 鷹野橋付近。トラックに遺体を乗せていく暁部隊の兵士 五島 弘行(ゴトウ ヒロユキ) 1945/8/7 鷹野橋
5 SG-0423 鷹野橋付近。水を求める人々。水を求められても、自身も水を持っておらず、どうすることもできなかった 五島 弘行(ゴトウ ヒロユキ) 1945/8/7 鷹野橋
6 SG-0512 広電比治山線路を埋めて逃げ惑う人々 藤岡 久之(フジオカ ヒサユキ) 1945/8/6 鶴見橋付近
7 SG-0509 夏は鶴見橋で水泳 横田 礼右(ヨコタ ヒロスケ) 1950夏 鶴見橋付近
8 SG-0514 鶴見橋の上にも下にも大勢の負傷者 藤岡 久之(フジオカ ヒサユキ) 1945/8/6 鶴見橋上
9 SG-0516 火がまわってきた鶴見橋。橋の下の橋脚につかまる大勢の負傷者 藤岡 久之(フジオカ ヒサユキ) 1945/8/6 鶴見橋
10 SG-0513 人通り出来ない鶴見橋、避難場所になる 藤岡 久之(フジオカ ヒサユキ) 1945/8/6 鶴見橋
11 SG-0642 家族にハガキを書いてくれた婦人 尾崎 稔(オザキ ミノル) 1945/8末 鯛尾収容所
12 SG-0641 収容所で隣になったおじさんに息子と思われた 尾崎 稔(オザキ ミノル) 1945/8/7 鯛尾収容所
13 SG-0640 兵隊さんにブドウ糖注射を打ってもらった 尾崎 稔(オザキ ミノル) 1945/8/6 鯛尾収容所
14 SG-0453 軍服を着た女性の思いやり 尾崎 稔(オザキ ミノル) 1945/8/6~1945/8/7 鯛尾収容所
15 SG-0430 負傷した少年の叫び 尾崎 稔(オザキ ミノル) 1945/8/7 鯛尾収容所
16 SG-0273 駅付近 高増 径草(タカマス ケイソウ) 1945/9/9~9/10 駅付近
17 SG-0272 駅付近 高増 径草(タカマス ケイソウ) 1945/9/9~9/10 駅付近
18 SG-0046 頼山陽記念館を写す 小尻 勉(コジリ ツトム) 頼山陽記念館
19 SG-0103 広島陸軍幼年学校付近の被爆後の様子 濱田 義雄(ハマダ ヨシオ) 陸軍幼年学校付近
20 SG-0077 被爆後の広島城付近の様子 濱田 義雄(ハマダ ヨシオ) 陸軍幼年学校付近

次へ

Page Top